社員が交通事故の被害者になってしまい大変な事に成ってしまいました!

こんにちは朝政です。社員が事故に巻き込まれてしまい大変なことになってしまったようなんです。

青信号で横断歩道を渡っていた時に交差点を右折してきた車にはねられてしまったとの事でした。朝突然警察から電話が有り交通事故で車の意はねられたと連絡を受けました。

知り合いが交通事故の被害者になってしまい大変な事に成ってしまいました。

私はこの様な出来事は初めての経験でしたので、どうしたら用意のかが分からずに困ってしまいました。実際に怪我の状態なども心配だったので、何が出来る事があれば手伝おうという気もちもあり本人の元へ向かうことにしました。

病室につくと心配していた社員の意識はあり、私に挨拶をしてきました。体には色々とぶつかった時にできたと思われる外傷がたくさんあり痛々しい感じでした。

本人の話をいろいろ聞いているうちに事故の全ぼうが分かってきました。また今こうして普通に話している社員ですが、事故後病室に来るまでの間ずっと意識がなかったと言う事を知り私は驚いてしまいました。

頭を強く打っているということで当然頭に包帯を巻いているのですが、私が今まで見たことがないほど大きく頭が腫れ上がっていて、本人には悪いのですが宇宙人の様に見えてしまうほどでした。不謹慎ですが病室で少し笑いそうになってしまいました。

しかしこんなに大変な思いをしてしまう交通事故はあってはいけないことだと感じさせられたんです。クルマ同士の事故であればまだ怪我はさほど大きくなく、命の危険もだいぶ少なくなってくるのでしょうが、やはり歩行者の場合時事故に合ってしまうとほとんどの場合ケガが大きなってしまう事が多いようです。

また車をはじめ、バイクと言った車両と人がぶつかってしまうとケガだけでなく、もちろん事故の状況によっては命の危険も否めません。当然こうした場合は人身事故となってしまうわけですが、こうなってくると加害者側の罪が大きくなってしまうためしっかりとした保険に入っている事が重要になってくるのです。

今回の交通事故の場合は加害者側のクルマの運転手さんも事故を起こした直後も、事故の被害にあった社員に対してシッカリと事故後の対応をし体の事を気遣った処置を行ったうえに、救急車の手配もキチンと行ったそうです。

事故を起こした車の運転手の中には、人身事故を起こしてしまうとその場から逃げてしまう人が多いそうです。その理由の殆どが任意保険未加入との話でした。

この時代事故を起こしてしまった時の事を考えて、最低限車やバイクを所有した場合には任意保険の加入をしなければいけないと思います。

保険に入らないまま運転をする事がどんなに恐ろしい事なのかをシッカリと理解する必要があると思います。

今回交通事故にあってしまった社員のケガの状況が心配ですが、事故の加害者側の対応がしっかりしていてその面では安心」する事が出来ました。

あとは治療に専念してもらい一日も早く日常生活ができる様にしてもらいたいと思います。その後体が治ってから、事故の加害者側にはけがの保証や治療費をはじめ慰謝料の請求に対応してもらおうと思います。

今回の事故の件に関して、被害にあった社員の方でも弁護士特約の保険に加入している事がわかったので、弁護士をたてて今後の事故の対応をしていう事に成りました。

弁護士を立ってないで、相手側の保険屋と交渉してしまうと相手側に有利な状況となってしまうため、交通事故の被害者であっても弁護士を立てた方が良いそうなんです。「車にひかれる慰謝料」このサイトから交通事故に強いと評判の弁護士さんを探す事が出来ました。一度のぞいて見て下さい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です